MENU

頼もしい男性看護師の存在

看護師というと「女性であること」が一般的なイメージです。昔は看護師のほぼ全てが女性でしたし、特にご年輩の方々は「看護師=女性」という方程式が成り立っている方もいらっしゃると思います。

しかし、看護師の国家資格は女性だけではありません。男性にも同じように、看護師の国家資格を取得する権利が与えられています。

近年は色んな業界が不況に陥っていますが、看護師を中心とした医療系の人材は不足してきており、就職しやすいと言われています。

このため、職業としての需要の高さを考えて、男性でも看護師を目指す人が増えています。

地方の病院を見るとまだまだ女性の看護師が多いですが、首都圏や大都市近郊の病院を見てみると、男性看護師が増えていることがわかりますね。

特に、規模の大きな病院では男性看護師の力が重宝されるケースがあります。男性は女性よりも比較的骨格が大きく、筋肉も多いので、力仕事を行う時に心強いです。もちろん、女性看護師でも力仕事が得意な方もいますが、相対的に見ると、男性の方が得意だと思います。

規模の大きな医療施設では、大型の医療機器を異動したり、医療資材を運んだりなどの力仕事が少なからず発生します。そのような時に力持ちの男性看護師が入ると、職場から見ても助かるものです。力仕事を任せられるので、同僚から見ても頼もしい存在ですよね。

また、介護系の医療施設では、要介護者を抱き起こしたりなどの力仕事が発生します。介護系の職場で腰痛になる従業員は少なくありませんし、介護の仕事は力仕事が本当に多いです。

そのような介護の現場でも、力のある男性看護師は心強い存在になります。同僚からも、そして入院している高齢者の方々からも頼もしい存在になっていると思います。

男性看護師はまだまだ少ないですが、活躍が期待されていることは確かだと思います。まだ進路が決まっていない後輩などにも、男性看護師の道があることを伝えていきたいですね。

ナースフル

スポンサードリンク