MENU

転職する時は看護師としての人生設計も考えよう

これは看護師の職業に限ったことではありませんが、一定の職場に勤めていると、1度は誰でも「転職しようかな」と思うことがあると思います。

看護師の仕事は他の業種と比べてもハードなので、転職を考えている人は多いことでしょう。

転職を考える理由は、人によってそれぞれ違います。結婚によって日勤帯の職場に転職する人もいれば、職場の人間関係や、給料の低さが原因で転職する人もいます。

忙しい職場は特に人間関係がギスギスする傾向があり、忙しい職場に勤めている方ほど、転職する意識が高い人が多いかもしれません。

このため、転職する時は、その原因を改善できるところに入職するのが必須になります。夜勤がNGで転職したのに、また夜勤がある所に転職したのでは意味がありません。

転職しようと思った原因を改善できるかどうかが、転職成功の大きな鍵になります。

しかしながら、長い人生を考えると、それは一時的な解決策に過ぎないケースもあります。

例えば、とても忙しい医療施設に勤めていた場合。この時は、知らず知らずのうちに、看護師ての技術や仕事力を高めているものです。決められた時間内に正確に仕事をこなす能力が、いつの間にか身についているものです。

このような人があまり忙しくない職場に転職した場合、身に付いた技術が廃れてしまう恐れがありますし、逆に「ちょっと物足りないかな」と思うことが出てくるかもしれません。

また、看護師としてのキャリアを極めたい人であれば、長い人生を考えれば、これは明らかに間違えた転職だと言えるでしょう。

転職をする時は、これからの長い看護師人生の中で自分がどうなりたいのかという人生設計を考えることが大切です。

ナースフル

スポンサードリンク