MENU

義肢装具士の仕事内容

義肢とは、手足を病気や事故で失った人が装着する、義手や義足のことです。装具は、弱った身体の機能の回復や障害を軽減するために装着する、補助道具を意味しています。

これらの補助道具は医師の指導に基づいて、患者に合わせてオーダーメイドで製作するのが義肢装具士の仕事です。

仕事内容は単純に装具を作るだけでなく、患者と面談して装着部位の型を寸法を測ったり、これをもとにして義肢や装具を製作し、場合によっては何度か仮合わせを行って、適合具合を見たりします。

出来上がったら患者に装着してもらい、リハビリに関わるなどのアフターケアも行います。

1987年に義肢装具士法が制定され、育成システムも合理化されてきました。社会的評価も高まっており、医学と工学の両面からの知識を持ち、とても専門性の高い医療スタッフとして認識されています。

義肢装具士のほとんどは、民間の義肢製作所に勤務しています。そして契約している病院や施設に出向いて、業務を行っています。

病院においては、医師、看護師、作業療法士と連携して任務を遂行していきます。患者に接する場面と、製作所では義肢を作る場面を持つ、比較的珍しい職業だと言えます。

義肢装具は、素材が多様化したり、昔と食らえてだいぶ高機能化していたりなど、目覚しい技術革新を遂げています。マイコン制御のものも開発されており、障害者がスポーツやリクリエーションを楽しむことも可能にしています。

ナースフル〜登録する前の注意事項〜TOPページに戻る

スポンサードリンク