MENU

専門病院の内容

専門病院とは、専門分野に特化した治療を行う病院のことです。疾病別、単科、世代別の専門病院に分けることができます。

単科の専門病院とは、例えば○○整形外科病院、○○眼科病院、○○耳鼻咽喉科病院、○○胃腸科病院など、1つの診療科を標榜している病院です。もし、診療科が複数あった場合でも、麻酔科や専門診療科に付随する診療科である場合が多いですね。専門病院は病院名に診療科名が表記されているのが大きな特徴ですね。

続いて疾病別の専門病院ですが、これは循環器センターやがんセンター病院などです。特定の疾病に対して、高度で専門的な治療を行っています。このような病院はきちんと診療科目を標榜している病院が多く、中規模〜大規模の病院まで、高度な医療設備を所有しています。

この専門病院は、県立○○センター病院などの名前で公的な機関によって設立され、各都道府県に2〜3病院ぐらい存在しています。大都市の場合は、数がもっと多いですね。

そして世代別の専門病院は、小児医療センターや老年病センター、周産期母子医療センターなどがあります。これらも疾病別の専門病院と同様に、公的な機関によって設立されています。

専門病院は特定の疾患やカテゴリーを絞ることによって、質の高い医療の提供を実現しています。ガンや循環器系の難病なども、各専門病院の努力によって、治療成績が向上しているようです。これは、医療資源を特定分野に集中させ、医療のナレッジも蓄積させているからに他なりません。

今後の日本の医療の質を向上させるキーポイントは、専門病院が握っているのかもしれません。

ナースフル〜登録する前の注意事項〜TOPページに戻る


スポンサードリンク